カラー剤の成分HC染料は安全?

2001年に化粧品規制緩和があり、HC染料の配合が可能になりました。

HC染料とは、Hair Color染料という意味です。

HC染料は分子がとても小さいので、無理にキューティクルを開かなくても髪に浸透するという特徴があります。

そのため髪と頭皮にやさしい染料として配合されます。

基本的にHC染料はキューティクルの隙間に付着するだけなので、ダメージはゼロです。

また、地肌につきにくいという特徴もあるので、頭皮へのダメージを軽減することが出来ます。

ほかの染料との違いは、やはりキューティクルを開く必要がないということでしょう。

一般的に、白髪染めの場合はキューティクルをゆるめるアルカリ剤と混合しないといけないんですね。

アルカリ剤と混合すれば、キューティクルを開き髪の内部に色を入れるので染まりはいいものの、髪を傷めてしまうというデメリットがあります。

しかし、HC染料の場合、キューティクルの隙間にくっついて色を付けられるため、髪へのダメージを抑えることが出来ます。 この点が他の染料との大きな違いと言えるでしょう。

髪や頭皮を傷めたくない!という人はHC染料を使った白髪染めを選ぶのがお勧めです。

また、ヘナもお勧めです。

ヘナとは、古来からインドで使われていた染料で、植物の葉を乾燥させたものなので安全性が高いと言われています。

毛が染まる原理としては、髪のタンパク質にヘナのローソニア(タンニン)が結合して髪内部で染まるという立派な「染料」の仕組みを持っています。ちなみにヘナは、タトゥにも使われるくらいなので、安心です。

 

そんな【HC染料とヘナカラーの究極の組み合わせ】

ノンジアミンヘナカラーはコチラ

名古屋オーガニック美容室の予約はコチラ TEL 052−414−4559 WEBご予約、お問い合わせはこちら(水木)10:00から19:00(金)10:00から21:00(土日祝)10:00から18:00(定休日:月曜火曜)★駐車場もあります

PAGETOP
Copyright © LALA All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.