スタイリストになる君たちへ2

シャンプー合格おめでとう!

前のページでのクイズ覚えてますか?感謝の反対語は何ですかの答えです。

正解は「当たり前」です。
教えてもらっていることが当たり前になっていませんか?

 


次は心遣いのエキスパートになってもらいます

 

相手の気持ちを考える
世の中に見えるものは3割で、残りの7割は目に見えません。
人の表情が笑顔、怒っていてても、その人の気持ちは目に映りません。
人を喜ばせるというのはどういう事なのか?
人の気持ちに届くものってどんなことだろう?
自分がされて嬉しい事は相手も嬉しい。想像力って大切。
お客様の細かい表情を読み取れる

お話をしている途中に目をそらしたらもう「お話はしたくないです」というサインかも。自分が離れた直後にお客様が髪を触ったり、携帯や本を手にとったりと、その行動はお客様が接客中にストレスを感じてるサイン。
リラックスするとお客様は行動自体がゆっくりになります。空気を作るのも接客の一つですね。

素直さ
僕たち君たちがスタイリストになる夢をお手伝いします。
お客様からの支持されるスタイリストになってほしいと思います。
大切な事をたくさん教えますので、素直な気持ちで僕たちの話を聞いて下さい。
即答で気持ちを整理

質問されたら分からないと黙ってしまうときがあると思います。
そういうのって「答えれなかった自分」がストレスになってしまいます。
だから即答しましょう。
「これは〇〇ですか?」と聞かれたら、「わかりません。明日までに調べて報告します。」
聞かれたことがわからなかったとしても、これも即答。即答出来たら心はすっきりします。

目標を設定する

今日の練習は何の練習ですか?スタイリストになるためにどの位置にいるんだろう?目標は現在地を知るための地図で、行きたい場所にたどり着くまでの大切なもの。常に目標を立てて、達成する為の行動を立てましょう。

誠意
 相手は鏡。自分がそうして欲しいなら、まず自分からそうしよう。相手がやってくれないから、相手から嫌な想いを受けたから、こう教わってきたから、は関係ありません。周りに常に感謝をし、言葉を大切に使いましょう。
あなたの気持ちが相手に伝わるから、まずは相手を好きになりましょう。

 

話しやすい3箇条

話を聞いてるという素振り・・・話を聞くときは大きくうなづくこと
話しやすい雰囲気    ・・・笑顔であいさつ・ちょうど良い声の大きさで敬語が使える
話すことがわかりやすい ・・・説明は短く小学生を飽きさせないくらいのわかりやすさ

仕事を自分で見つける

自分も来年には先輩になり、教える側になります。自分から進んで仕事を覚えていく姿勢を身につけましょう。

予約内容に応じた的確な行動がとれる

同じタイミングでカットの予約が入った時など、営業をスムーズに進行するための自発的な行動ができる。カットが長引きそうなら少しシャンプーゆっくりするとか、カラーのシャンプーがお客様二人同時にしないといけなさそうなら時間差をつけるための行動をするとか。

 

 

 


 

技術

 

カラーリング
・・・グレイカラーやカラー剤を周りにお客様のお顔につけず根元12分以内、全体15分以内で塗布ができる。

 

パーマ
スタイリストと一緒にパーマを巻かせていただきます。スタイリストがセンターを巻いて、その後バックサイドを巻かせてもらいます。

 


 

接客

 

テクニカルトークが小学生を納得させれる
※テクニカルトークとは、技術説明のことです。

お客様はトリートメントの意味やカラー剤の違い、カットの仕方の意味などよくわかりません。
そして美容師からの話が長いと話を聞くのをやめてしまいます。
いかに相手にシンプルに説明できるかが大切なのです。
あなたは美容院に行って初対面の美容師さんの髪の話がわかりやすい時嬉しくないですか?

 ブローのテクニカルトーク

「乾かし方なんですけど、最初に頭皮に風を当てます。できるだ けドライヤーの口を回しながら乾かしてください。いつも右側のサイドがハネるなら、ブローの最初にその部分の根本にしっかり風を当てて前に前に引っ張りな がら乾かしてください♪」など、髪の生え方や髪質に合わせてブローの説明をする

 

 

 

試験項目

・ウィッグを使った白髪染め13分

・ウィッグを使ったブロー 14分 デンマンブラシ&ロールブラシ

・ブローの理論が言える

モデル

この頃には営業中にどんどんカラーをしています!
どんどんいきましょうね!