お客様から信頼を得る敬語の使い方

〜お客様が来店〜

あなた「いらっしゃいませ、こんにちは!
お荷物とお上着をお預かりします。

ポイント①「」を付けることで、丁寧な言い方になっています。

〜お客様から荷物と上着を預かる〜

あなた「ありがとうございます。
それでは、お席までご案内致します。どうぞ。」

ポイント②お客様に何かしてもらったら、ありがとうが言えると丁寧です♪
案内するときは、お客様をゆっくり先導しましょう。

〜席にご案内し、座ってもらう〜

あなた「どうぞ、お掛け下さい。

ポイント③「お座り下さい」は敬語ですが、犬を連想させます。お客様はペットでは無いので、お掛け下さいのほうが適切ですよ◎。


 

?こんな時どうする?

〜飲み物をお伺いする時〜

あなた「お飲み物はいかがなさいますか?

〜少し待ち時間がある時〜

あなた「少々、お待ち下さい」

〜カラーやパーマの放置時間に入る時〜

あなた「このまま、時間を少し置きます。もし宜しければ、お立ち上がり頂いても大丈夫なので、雑誌などご自由にご覧ください。

〜お会計の時〜

あなた「ありがとうございました。本日は、〇〇円です。」

ーお客様が支払うー

あなた「ありがとうございます。〇〇円から頂きます。
あなた「〇〇円お返しします。

ポイント④ここは最も間違えやすい敬語です。お金は預かるものではありません。
この言い方が出来れば、上級者かもしれませんね。

★まとめ★ここまでの敬語をきちんと使える人は正直、少ないです。だからこそ、お客様から丁寧な接客による信頼を得ることが出来ます。

但し、丁寧すぎる敬語を美容室で使うと違和感がある事があります。
少しずつ、雰囲気に合わせた敬語を使いましょう。

ここに書いた事が全てでありません。お客様との会話の中でも、正しい敬語を使えるようになるには、オーナー、先輩スタッフへの言葉の使い方を意識することが一番の近道です。一緒に働くスタッフはお客様と違い、間違った敬語に気づいたら、きちんと正しい敬語を教えてくれます。敬語も一緒に練習しましょうね!

名古屋オーガニック美容室の予約はコチラ TEL 052−414−4559 WEBご予約、お問い合わせはこちら(水木)10:00から19:00(金)10:00から21:00(土日祝)10:00から18:00(定休日:月曜火曜)★駐車場もあります

PAGETOP
Copyright © LALA All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.