実況スタイルチェンジ! ショートヘアでパーマ

スタイルチェンジをするお客様に写真を撮らせてもらいました!

 

12

写真の通りロングからばっさり!!写真はアウトレングスを切らせてもらった場面です。

 

 

4 3

この前にパーマをかけてますね。完全にパーマ巻いてるところを写真撮るの忘れました。

段を低く入れて、相談しながらボブのシルエットと長さの確認をしています。

 

 

6 5  8 7

ここはカットでふんわり感を出すために根元近くの重さを取ってる場面です。

 

910

完成!

パーマをかけた当日はシャンプー出来ないので、スタイリング剤なしでもこのふんわり感。

すてきな笑顔をもらえました!

ナイススマイルー!!

TOPページはこちら

 

ショート2

ロングからショート!カウンセリングの時間は!?

スタイリストの平野です。

僕はショートをカットしてる時間がとても幸せです♪

短くカットしてその人の骨格や顔周りの長さ5ミリでも変えると、その人の雰囲気が今までにない美しさが引き出されたりと!!

で、カットのカウンセリングなのですが、

お客様からご要望があれば30分くらいかけて説明して意見を交換したりすることもありますが、基本は長くとりません


それは何故か??

それは・・・、


お客様が
実際にそのカットをしてみないと、お客様自身、そのスタイルが好きかどうかわからないから

です。

僕はショートヘアにするか悩むお客様に対しては、まずどの長さからどの長さまで切って良いか教えてもらいます。

肩くらいには切ってもいいけど、顎ラインまできるかどうかは迷ってる場合、とりあえず肩の長さまで切らせてもらいます。

本人の希望する長さよりも長めに切らせていただいて、その後にもう一度長さの話をさせていただいてます。

肩の長さまで切ったあとにもう一度お話をすると、

「あ、長さこのままでいいです!」とか「やっぱ短く切ってください」と言われます。

おそらく最初のカウンセリングでは、「お客様ご自身が本当にショートにしたいのか」わからなかったんだと思います。

ここで大事だと思うのはお客様長くする短くすることに関して、はっきりと自分の気持ちがわかるようになることだと思います

それが喜んで帰っていただけるようになることかなぁともいます。

お客様の迷い方には2種類あって本当に迷ってる時背中を押して欲しい時があります。

お客様の声の本当の声を引き出すのは、少しずつ長さを切ることもカウンセリングになっているのかもしれませんね。

こちらはショートにさせてもらったお客様です!

ショートさん1 ショートさん

 

 

 

 

 

自分もひょっこり写ってます♪