美容師さんの今日シャンプーしないでくださいはなんで?

皆さん美容室に行ってカラーやパーマをした日に

「今日はシャンプーは控えてくださいね」

と美容師さんに言われることはありませんか?
そこにはもちろん色落ちが早くなってしまうことや
パーマの持ちが悪くなってしまうという理由がありますが、

それはなぜなのでしょうか?

カラー剤やパーマの1液は基本アルカリ性でできていて、
髪の毛が薬剤に触れることでアルカリ性に状態が傾きます。
すると髪の表面にあるキューティクルという鱗状についてる皮が開くことで
内部に薬剤が入り色がついたり、形状を変形させることができます
その後空気中の酸素に触れることやパーマの2液を使い酸化することで
キューティクルが閉じていき状態が続いて定着していきます。
そして自宅でシャンプーをしますが、
実はそのシャンプーが薬剤と同じアルカリ性でできているものがほとんどなんです!

つまりシャンプーをすると薬剤と同じようにキューティクルを開けてしまうため、色が逃げて行ったり形状が変化しやすくなってしまいます!!

なので弱酸性タイプのシャンプーを使うと状態を安定させてれるのでオススメです!
なかなかものを変えるのは難しいという方は、シャンプーを手で泡だててから使うことや髪の毛にシャンプーがついてる時間を短くするところから始めるのもオススメですよ!

泡で出る弱酸性シャンプー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)