みなさんは髪の色を暗くすると、次に美容院行ったときに明るくできないことをご存知ですか?
というのは、
普通のカラー剤はメラニン色素を脱色することができても、カラー剤で補った色素を脱色することはできないのです。
しかし、前回入れた暗いカラーの色素が抜けてたら色は明るくできる等、もちろん例外もあります。

なので前回カラーしたカラー剤の色素がしっかり残っている場合、ブリーチを使って一度色を抜く必要があります。
しかし、黒染めした髪の毛をブリーチで抜くとものすごいダメージするのと凄いムラになります・・・。

LALAの黒染めは当店自慢のダメージ0の食物カラーで行っております!
この食物カラーで黒染めをすることの良いところはまず黒染めをするのにダメージが0!!
明るくしたいとき、ブリーチじゃなくても普通のカラーで茶色になるのです!
最近、櫻井さんが髪の毛を黒くして、また色を明るくしたいということでやらせてもらいました。

まずは食物カラーで黒染め。カップの中も写真が写っているかと思いますが、食物カラーって液っぽいです。主原料はトウモロコシ。2814

そめあがりの櫻井さんがこちら。
ごはんですよ!のメガネではありません。しっかりと染まってますね!2810

そして2日後に「やっぱ明るくしたい」との一声で黒染め取りが始りました!
食物カラーで染めたのでココは普通のカラー材で明るくなります。
※ブリーチではなく普通のカラー材をつけてます(ダメージに大きな差があります2816

染め上がりの櫻井さん。ほんのり明るくなりました。
カラーを何回もしてて「明るく出来る!?出来ない!?」ってありますが、黒染めから相談して頂ければ、綺麗に色を抜く事も出来ますよ!2812