今日はアシスタントの子にカラーの塗り方を教えました!
自分のカラーの塗り方を言葉では説明をしてきましたが、今回は絵に書いて確認することに。

カラーの教育

(※絵の上手い下手に対するご意見はお控えください)

白髪染めの塗り方を教えました。
赤がアシスタントの子のカラーの塗り方のイメージで紫が僕のイメージ。

左のイメージはアシスタントの子は毛の毛根からカラー剤を乗せるイメージで、僕はオデコから乗せるイメージです。
オデコの毛の生え際の部分は人間の体温が他の頭皮の部分に比べて低く、カラー剤は多めにつけないと染まらないことが多いのです!
言葉ではすごく伝わってても、絵の両方で伝えることが必要だなぁと思いました。

次に、右の絵は1本の毛に対するカラー剤の乗せ方です。
紫は僕の思う白髪染めの塗り方で、赤はアシスタントの子。
毛先より根元は多めに塗布の意識を持っていただきたいです。

緑はファッションカラーなど明るくするときのカラーの塗り方です。
ファッションカラーに関しては全く逆なのですよね・・・。

アシスタントは教える人の話を単に聞くだけではなく、「耳を澄ますこと」を覚えてもらいたいです。
そうすることによって聞き上手になり、相手の言いたいことが引き出せるようになり、お客様のカウンセリングが上手になると思ってます♪

※この塗り方はたくさん美容室がある中の理1つの理論なのでよろしくお願いします。

求人情報はこちら